カードローン・金利比較.com

カードローン・金利比較.com

MENU

カードローン・金利比較.com

カードローンを借りるときに大きな限度額を持つなら、それはどんな会社でも基本的には低金利となり、逆のケースなら基本的には高金利となります。カードローンの金利は限度額と相関性があるからです。これは基礎知識です。カードローンを利用するときに低利息にこだわるなら、まず自分がどのくらいの限度額を希望するのかを考えておき、その限度額に対して各社ではどのくらいの金利設定なのかを比較します。そうすると、やはり銀行のほうが低金利になっていることが多いことが簡単にわかります。低利息でお金を借りたいなら低金利になっている銀行から申し込み先を探してみるとよいです。銀行の場合、大口融資なら低金利というのは当たり前の話ですが、銀行によっては50万円ほどの小口融資においても低金利になっていることもあります。ここが消費者金融との最大の違いです。小口融資は基本的に高金利になり18%ほどの金利からお金を借りることが多いですが、銀行は15%くらいまで金利が下がっていることがあります。この差を考えると銀行を利用するほうが低利息に繋がってくるので、利息を抑えたいなら銀行を選びましょう。また少し余談ですが、銀行から小口でカードローンを利用するなら収入証明不要で申し込める会社があり、この場合は簡単に審査に合格できるので、低金利の低利息で簡単に審査合格という最高の内容でカードローンを利用することができます。これは本当にお得なので覚えておきましょう。

 

低金利で低利息なカードローンは銀行しかありません。最初に説明しておきますが、消費者金融でも低金利な会社はあり、これは消費者金融各社の下限金利を見ると簡単に分かります。下限金利において消費者金融と銀行ならどちらが低金利なのか気になるなら、インターネットから数社の消費者金融と銀行のカードローン情報を探して、そのまま各社の下限値を比較すれば大体は把握することができます。このままの流れから上限金利を比較してみると良いです。そうすると、9割以上の消費者金融は上限値が18%となっています。しかし、銀行なら18%以下を簡単に見つけることができます。カードローンにおいて各社の下限金利を使うにはその会社の最大極度額を借りなければならず、これは相当年収が高くなければ借りることができません。一般的には50万や100万など小さ目な限度額を持つことが多いものです。100万を節目としてその金額以下の場合は基本的に各社において上限金利が適用されます。なので、小口融資はどう考えても銀行が有利であり、低利息からお金を借りるなら銀行しかありません。銀行の収入証明不要カードローン、これは今では有名な融資ですが、これを活用しますと簡単に低利息でお金を借りることができ、同じ限度額でも消費者金融へ申し込むよりも合格しやすいので覚えておきましょう。上記を知っておくと、小口においてわざわざ消費者金融へ申し込むメリットはあまりないことに気が付きます。